本文へスキップ
埼玉、もっと伸びる、もっと伸ばす。

私の思い・プロフィール


●私の思い

 議員の仕事は、政治の流れをより良い未来のために変えることだと思います。埼玉県のあり方と未来を考え、議会での質問や政策の提案を行なう事で、県の考え方を具体的に前に引き出すこと。ここから政治は動き始めます。
 
そこには、何といっても「防災と医療」の施策。そしてなにより「行政改革」の視点。さらには「都市経営」「資産活用」について、行政から答弁を引き出し、大事な課題を前に進める《私の仕事の全て》があります。
 さらに川口の「歴史観」の育成に努め、東洋一のNHKアーカイブスを持つ都市として最先端技術を活用した「デジタルアーカイブ」の設置を提案するなど、文化政策にも取り組んでいます。
 政治とはビジョンを語るのではなく、結果を出すことと自分に言い聞かせてきました。また「企業のサラリーマンの経験を活かせ!」と自分に命じてきました。市内各界の多くの皆様方から強く県政への転出を期待されるところとなり、将来の我が街・川口に思いを馳せ熟慮する中で、このたび次のステップへの飛躍を決意するに至りました。
 私は県民の皆様と、未来を担う子供たちのために、これからも全身全霊を掛けて前に進んでいきたいと思います。
 時代は変わります。この時代の流れを良い方向に導く。この仕事にこれからも取り組んでまいります。


●プロフィール

●家 族
母、妻の3人
●生まれ
昭和34年8月 川口生まれ
実家の祖父は、市議会議長を務めた新藤勝衛
母方の祖父は、硫黄島最高司令官で陸軍大将 栗林忠道
衆議院議員の新藤義孝は実兄
平成4年に元川口市長の永瀬洋治の養子となり、永瀬秀樹と改名
●学 歴
早稲田大学卒
●職歴等
大学卒業後、鰍iTB(旧日本交通公社)に入社、観光地域振興/関連会社経営などの業務を経験。全国各地の観光振興アドバイサーや各種委員を歴任し、観光立国政策への提言を行い、沖縄では2年間観光政策を仕掛ける。
部長職を最終に退職し、平成23年に民間で培った経験と感性を市政に活かし、川口市議会議員選挙に立候補し当選。平成27年に、埼玉県議会選挙に立候補し当選。現在に至る。
●主な役職
公社事業対策特別委員会 副委員長
経済・雇用対策特別委員会 副委員長
川口鋳物工業協同組合 相談役
埼玉県技能士会連合会 顧問
埼玉県木造公共施設推進協議会 顧問
川口市空手道連盟 名誉顧問
西川口タイガース 顧問
川口市華道連盟 顧問
川口商工会議所 中央・幸栄ブロック会 常任相談役  他多数
●長 所
明るく朗らか。正義感、責任感が強く、粘り強い
●好きな言葉
足るを知る。
そう思われるよりは、そうあるべく常に努めよ。
●モットー
「みんなで仲良く、楽しく、陽気に」
「住んで良し、訪ねて良しの、まちづくり」
「父、洋治の教えを守る」

永瀬秀樹
政策活動事務所



〒332-0012
埼玉県川口市本町4-8-12
本町リハイム102
TEL 048-228-7500
FAX 048-228-7501