●生まれ
昭和34年8月 川口生まれ
実家の祖父は、市議会議長を務めた新藤勝衛
母方の祖父は、硫黄島最高司令官で陸軍大将 栗林忠道
衆議院議員の新藤義孝は実兄
平成4年に元川口市長の永瀬洋治の養子となり、永瀬秀樹と改名
●学 歴
早稲田大学卒
●職歴等
大学卒業後、㈱JTB(旧日本交通公社)に入社、観光地域振興/関連会社経営などの業務を経験。全国各地の観光振興アドバイサーや各種委員を歴任し、観光立国政策への提言を行い、沖縄では2年間観光政策を仕掛ける。
部長職を最終に退職し、平成23年に民間で培った経験と感性を市政に活かし、川口市議会議員選挙に立候補し当選。平成27年に、埼玉県議会選挙に立候補し当選。平成31年に再選、現在2期目。
●主な役職
公社事業対策特別委員会 副委員長
経済・雇用対策特別委員会 副委員長
川口鋳物工業協同組合 相談役
埼玉県技能士会連合会 顧問
埼玉県木造公共施設推進協議会 顧問
川口市空手道連盟 名誉顧問
西川口タイガース 顧問
川口市華道連盟 顧問
川口商工会議所 中央・幸栄ブロック会 常任相談役  他多数
●長 所
明るく朗らか。正義感、責任感が強く、粘り強い
●好きな言葉
足るを知る。
そう思われるよりは、そうあるべく常に努めよ。
●モットー
「みんなで仲良く、楽しく、陽気に」
「住んで良し、訪ねて良しの、まちづくり」
「父、洋治の教えを守る」


推薦します


これからの川口に永瀬さんは必要です

永瀬さんはJTBの部長職として活躍され、その経験を川口市政のために活かしてくださいました。そして今は、県議となり川口市はもとより埼玉県のために活躍されています。永瀬さんの今までの経験や実績が、これからの埼玉県に大きな実りをもたらしてくれるとともに県と市を結び、川口市の発展に大きく寄与してくれると確信しています。全力で応援します!

川口市長 奥ノ木 信夫

斬新な発想と着眼点
確かな行動力に期待します

永瀬県議のJTB在籍時の大きな仕事に、国の観光立国政策と連携した「観光振興による全国各地域の活性化」がありました。国の成長戦略の一翼を担ったその手腕を活かして、川口の未来を「埼玉県政の舞台から同具現化するのか!」大きな期待をしています。愛する郷土・川口、埼玉の発展には、永瀬ひでき県議がどうしても必要です。皆さまの強力なご支援をよろしくお願いいたします。

元総務大臣・衆議院議員 新藤 義孝